2020.08.07 リモートワークな夏  =TAKESHI=

暑くなってきました。
今年の夏は、いつもと随分違う夏になります。
いつものように夏を楽しむ事も難しいので、みんなストレス感じてしまうよね。

最近、何をしているかというと、いつも通り変わらずスタジオ生活です。
自分としては、暑い夏をクーラーの効いているスタジオで過ごす事が出来て助かる部分もある。笑

コロナ禍によって、可能なところではリモートワークが一般化しつつあると思うけれど、
自分も今はスタッフやメンバーとのやり取りにはリモートが主流です。

でも、そのリモートワークと言う方法は、AA=としては結構前から使っていたんだよね。
ビデオ通話の形でエンジニアさんとコミュニケーションを取って、
コンピューターの画面共有とインターネット回線による音源の視聴で音源を作っていく。
いかに人と会わずに制作できるか?という意味不明なテーマに重点を置いて、
まさに今で言う『リモートワーク』で作り上げたのが『#2』です。

あの時と比べると、今はさらに色々とやれる様になっています。
テクノロジーの進化は新しい可能性を広げるので、こんな時だからこそチャレンジできる事もあると思ってる。
ただ転んでるだけで終わったらつまらないからね。

とりあえず、ZOOM(ZOOMと言えばオレ的には楽器メーカーだけど)の時は背景をマンチェスターUのロゴにしているよ。笑
なんだかテンション上がる(気がする)から。
AA=のロゴにしろよって話もあるけれどね。

いつもと違う夏だけど、みんなもそれぞれの夏を楽しんで!

papgetop

2020.06.28 出来なかったTOUR#6ver2.0終了とBLMの6月  =TAKESHI=

みんな元気に過ごしていますか?

TOUR#6ver2.0の公演予定の日程が全て過ぎました。 
ツアーできなくて、やっぱり残念だったな。
チケット購入して楽しみにしてくれていたみんな、ありがとう。

ツアーを決めた時は、もちろんこんな事態になる事は想像もしていなかった。
何があるかわからないね。
TOUR#6ver2.0でやりたかった事は出来なかったけれど、今を自分なりに楽しんで過ごそうとは心がけています。
それに、次にどんな音を鳴らすか自分でも楽しみにしているんだよね。
今はまだ先のことは見えてはいないけれど、その時に出来る事で自分の納得のいく歪みを届けようと思っています。

そんな中、この話題には触れないわけにはいかないな、と思っている事があります。
BLACK LIVES MATTER。
今さらこの事について説明する必要も無いよね。

自分としては、アメリカで続く人種的な差別については全く意味がわからないと言うか、BLMの主張は当たり前と思っている。
もちろん多くの人も同じだと思う。
でも、それを言葉にしなくてはならないのが現実で、それが世界一の先進国と思われている国で起きているのが2020年の現実。
アメリカ社会の構造的な差別の仕組みは、日本人の自分の立場からは反対するくらいしか出来ることは無いけれど、
2020年の世界にある差別について自分の事として考えられる事はある。

日本ではアフリカ系の人々の割合は多くは無いので、彼らにしぼった考えで問題を考える事は難しいけれど、
日本に住む外国籍の人々の立場について考える事はできる。
そこに差別が無いとはとても言えないだろう。
また歴史的にみても、日本に住む日本以外のルーツを持つ人々が受けた困難については考えなくてはいけない。
その事から目を背けたり、過剰に反発する姿勢を持つことは、恥ずべき態度と思わなくてはいけないよね。

他にも弱者と呼ばれる立場の人への差別も同じ。
身近で社会のシステムにも入り込んでいる代表的なものは女性に対するものだろう。
今の日本で女の人が社会的に差別されていないか?
答えはノーだろう。
自分自身、昭和の男なので日本のそういうところは身にしみて知っている。

セクシャルマイノリティの人々、ハンディキャップを持つ人々、生まれた環境に左右された人々、などなど。
彼らの感じる差別に耳をかたむける事。
この様な事も全て含めて考える事が、俺たちのBLACK LIVES MATTERだと思うんだよね。


自分ふくめ、差別を持っていない人間はいないと思っている。
だからこそ差別について考えて、否定する事が大事だと思う。
BLACK LIVES MATTERはまったく他人事ではないよね。

また少し硬い話になってしまったな・・・。
まぁ、面白い話など何もできないのだから仕方ない。
リヴァプールが優勝しちゃうしね。

papgetop

2020.05.19 リミックスいろいろやってます  =TAKESHI=

自粛生活が続く中、みんな元気に過ごしていますか?
少し出口が見え始めてきた雰囲気があるけれど、まだまだ長い戦いになると思ってる。
何よりも医療従事者に代表される最前線で働く人たち、生活のインフラを支えてくれている人たちに迷惑がかからないように、
がんばろう。

そんな中、MAN WITH A MISSION “Take Me Under”のリミックスが発売されました。
いつもの上田剛士リミックスなので、好きな人には最高で、他の人にはただうるさいだけのアレです。笑
音楽家が出来ることが多くない時期なので、このような形で自分の音をみんなに聴いてもらえる機会があるのは嬉しい。
楽しんでもらえたら。

他にもロットングラフティーやソフトバレエと最近はリミックスが続いていて、どれも楽しんで歪ませてます。
やたらやかましい音が聴きたくなったら、それぞれのリミックスを楽しんでみてください。

リミックスといえば、この自粛期間にツイッター上でおかしなリミックス?をやってます。
ポリシックスのハヤシくんが消臭ビーズを詰め替える音にエフェクトをかけた動画をツイートしたのを見て、
それを素材に勝手に曲にしたのが始まり。
ただの思いつきで勝手に始めたモノだけど、ハヤシくんも気に入ってくれて何故かシリーズ化してきてる。笑
「音源は素材の音のみ」をテーマで作っていて、シンセのように聞こえる音も元は消臭ビーズだったり、雨音だったり、
餃子の焼ける音だったりなので、元の音との変化も楽しんでもらえたら。
いつものように音を鳴らすことができない時だから、ちょっとでもみんなの暇つぶしにでもなっていたら嬉しいね。

papgetop

2020.04.29 みんな元気?  =TAKESHI=

みんな、元気でやってますか?
コロナウイルスの影響で、ずいぶんと世の中変わってしまいました。
そんな中でも、みんながんばってるよね。
不安な事も多いと思うけど、とにかく今は出来る事をやろう。
ウイルスの最前線で毎日戦っている医療関係の人たちの負担を減らす事、それが今は1番大事なんだろうと思います。
そして、この状況の中でも変わらない日常生活を保つために働いてくれている人たちにも感謝しています。

そしてTOUR#6ver2.0を楽しみにしていてくれたみんな、申し訳ない。
残念だよね。
メンバー、スタッフもみんな同じ気持ちです。
中止にしたのはAA=の形態上しかたないけど、改めてリベンジ出来る所はやっていきたいと考えてます。

オレたちのようなライブをやるバンドがライブを出来るようになるのは、たぶんかなり先の話。
非常事態宣言や一般的な自粛要請が出る前からライブは出来なくなっていたので、元に戻れるのも1番最後になるだろうな。

まぁ、人の上に人がいる状態を考えると、それは密度高いと認めなければならないよね。笑
でも、シンガロングしかり、モッシュやサーフやダイブしかり、自分が愛したライブのスタイルはコレなので、
それを曲げてライブやる訳にはいかない。
だから、みんなが安全で楽しめる時が来るまで、ライブ以外でやれる事をやるよ。

あ、ダイブやモッシュが安全か?とか言わないようにね、結局はパンクのライブなので。
昔のように「女子供は後ろに」と言わなくなっただけでも優しくなったので、それで許してください。笑
それとウイルスの話は別です。


さて、この期間の自分の近況はと言うと、実はそんなに変化してないです。
ライブが出来ない事を除くと、普段から1人でスタジオにこもって作業しているので変わりようが無いんだよね。
普段から1人でロックダウンしていたんだね、という感じ。

そんな訳で一人静かに、元気にやかましい音を作り続けているので安心してください。


今はみんなが厳しい時。
ミュージシャンやライブハウスが大変だとたくさん言ってもらえるけど、みんなも大変だよね。
確かに音楽業界は厳しいけど、まずはみんな自分の生活をしっかり守って、
そして余裕ある人はその余裕の中から少しライブハウスとかの援助を手伝ってもらえると嬉しいです。

まだしばらくはこんな状態が続くと思うけど、がんばって乗り越えよう。
ライブハウスでみんなに会える日を楽しみにしているよ。

papgetop

2020.03.21 落ち着かない毎日だけど  =TAKESHI=

TOUR#6のブルーレイ/DVDが発売されました。
みんな観てくれたかな?
AA=が#6の楽曲を鳴らす映像は今の所これだけなので楽しんで欲しい。
楽曲、演奏はもちろん照明やSE、演出など、今のAA=を表すライブなので、みんなの家のテレビを存分に歪ませてくれ。

そんな今回のライブの演出の1つ。
映像と共に「みんな自由ですか?」と自由を問いかけている言葉。
このライブを自由に楽しんでほしいという意味で、もちろん自分で作った音だけど。

でも自由ってそもそも何だろう?
自由である事は難しいよね。
自由である事と利己的である事の線引きは難しい。
例えば経済。
自由を追求した結果にある今の世界の状況はとてもイビツだ。

それでも僕らは自由であるべきだし、欲望からも自由になる事を目指すべきなんだろう。

今、起きている世界的な問題の1つのコロナウイルス。
こちらについては、抑制的な行動が求められている。
目に見えない敵と戦う事の難しいさを世界中が痛感している。

この状況が生まれた原因を突きつめて考えると、これも”自由”な経済が産んだ負の側面の1つと言えなくもないと思う。
本当の自由ってなんだろう?

今、ライブハウスはこの騒動でスケープゴートにされているけれど、
みんなはライブハウスだけが特別危険な場所では無い事は分かっているよね。
他にも同じ危険をはらんでいる場所も沢山ある。
ライブハウスやクラブと言った場所が何かと悪者扱いされる事には慣れてもいるので、負けないけどね。

世の中が荒れている時こそ、音楽にはやれる事があると思う。
ストレスが溜まり、先の見えない世の中に同調して怒りを振りまく事は、今音楽がやるべき事では無いよね。
音楽には音楽にしか出来ないことがあると思っている。

ライブに限らず、今はみんなが大変だ。
1日も早く平穏な世の中が来る事を願っているよ。
たとえ、しばらくの間ライブが無くなっても、みんなには音楽を楽しんで欲しいと思っています。

あ、そんな時こそTOUR#6のブルーレイ/DVDだね。笑


papgetop

2020.02.24 近況(2020.02)

2020年が始まって、ライブが2本終了しました。

歪み始めとなった名古屋は、リベンジという事でTOUR#6の再現。
TOUR#6で置いてきていたモノ、しっかり取り戻してきました。

対バンイベントのロフトは、お初のお相手ATOM ON SPHEREとのツーマンでした。
ロフトはいつも熱くて良いね。
20周年おめでとうございます。

それぞれのライブ、集まってくれたみんなありがとう!
次はTOUR #6 ver2.0で。
また暴れましょう。

 
そしてTOUR#6のファイナル、渋谷O-EASTのライブ映像作品の発売も近づいてきました。
トレーラーも公開されましたね。観てくれたかな?

なんでも多くのカメラを入れて撮ったらしく、編集作業もなかなか大変だったらしい。
監督、ご苦労様でした。
音に関しては、いつも通りこだわったので、あの日来てくれた人はもう一度、来れなかった人も楽しんでもらえるはず。

ライブは生モノなので、実際に会場で観る事を勧めるけど、ライブでは気付かなかった色々を観れるのが映像作品の良い所。
もうすぐみんなの手元に届くので、楽しんでください。


世の中は色々と騒がしいけれど、よくわからない事に右往左往しても仕方ないので、
みんなそれぞれ気をつけて、楽しく幸せに過ごしてください。

papgetop

2020.01.14 2020の始まり  =TAKESHI=

2020年始まりました。
TOUR#6 ver.2.0の発表もあり、本格的に新しい年が始まった感じがします。

#6、まだまだ鳴らしたりないので今年も行きますよ。
TOUR#6で行かなかった所、初めて行く所などを回るver.2.0のツアーです。
今までなかなか行けなかった所にも行けるので、ver.2.0はまたいつもと違った楽しみがあるんだよね。

松山サロンキティからもイベントに誘ってもらったので、初めて松山も歪ませます。
バルザックとも一緒なので、楽しい夜になること間違いない。

TOUR#6 ver.2.0、各地のみんな楽しみにしててくれ。


そして今年の歪み初めは名古屋で去年の台風で中止になったTOUR #6 DAY1のリベンジ。
倍返し、のつもりで行くので名古屋そのつもりで。

そしてATOM ON SPHEREとの対バンでのロフトの記念ライブも控えてます。
彼らと音を交えるのも初めてなので、楽しみだね。
AA=の歪みを味わってもらいます。

そんな訳で、AA=の歪みは今年も鳴り止みません。
暴れる準備して待っていてくれ。

papgetop

2019.12.28 2019年もあと少し  =TAKESHI=

eXTRa19、シェルターに集まってくれたみんな、ありがとう!
歪み納め、楽しんでもらえたかな?

久しぶりのZAXとのライブも熱かったね。
ZAXとも、さらに精度、強度、上げていくので楽しみに。
来てくれるみんなを、ぶっ壊していきます。

このライブで2019年のAA=の活動は全て終了です。

ライブでも言ったけれど、#6を完成させたのでAA=にとっては良い年でした。
#6の曲達はライブをやるために生まれて来た様な曲ばかりなので、まだまだ鳴らし足りない。
もっと鳴らしたいと思える良い年でした。

来年は、2月にはTOUR #6の映像作品が出ます。
このツアーは新曲のツアーという事で、ライブの度にライブエンジニアと細かく修正&調整して、
ライブでの#6の完成を目指して行きました。
映像作品でも、その音の再現を目指して進めて行ったので、ライブ来た人もあの日を感じられると思う。
楽しみにしていてください。

そしてライブはTOUR #6初日のリベンジ、名古屋でのRETURN OF THE DAY1からスタート。
そしてLOFTの企画でATOM ON SPHEREとの対バンに誘ってもらい、新宿ロフトを歪ませに行きます。
こちらも楽しみに。

もちろん、それだけじゃ全然鳴らし足りないんだよね。
来年も止まらずにどんどん行くので、そのつもりで待っててください。
2020年も歪み全開で行きますよ。

それではみんな、よいお年を!

papgetop

2019.11.24 TOUR #6終了!  =TAKESHI=

TOUR #6ファイナルに集まってくれたみんな、ありがとう!
TOUR#6の締めくくりに相応しい、最高の1日でした。

THE OIO DAYから1年ぶりのO-EAST、今回も楽しかったね。
みんなの楽しんでいる顔も良く見えました。

AA=マネーも気に入ってくれたかな?
紙幣のデザインはshichigoro-shingoさんに作ってもらったので最高の仕上がり。
本当のお金にはない価値があるので、手に入れた人は大事にしてください。

ファイナルということでヒロスケも駆けつけてくれました。
ヒロスケと演るDEEP INSIDEは格別。
楽しかったぜ、ヒロスケありがとう!

今回初の試みの、生中継も楽しんでもらえたかな?担当のスタッフからも、
中継も楽しんでもらえていたと聞いているので、
TOUR#6を味わってもらえていたなら嬉しいな。

#6の曲たちは、演る度にどんどん成長していくので面白い。
まだまだ鳴らし足りないので、これからも歪ませていきますよ。


そんな”これから”のライブ。

まずは、突然思いついてやりたくなった年末のライブ「eXTRa19」。
何だかまだ鳴らし足りないので、みんなオレに付き合ってくれ。2019年の歪み納めしましょう。

そして中止になってしまったTOUR#6初日の名古屋、リベンジ決定です。
その名も「TOUR#6 -Return of the DAY1-」。つまり「DAY1の帰還」、
まぁあのタイトルの拝借です。DAY1のところが無理があるとか言わないように。笑

そして、これらのライブのドラマーはZAX!
THE OIO DAY以来、久しぶりに鳴らすので、そちらも楽しみに。

下北沢と名古屋、歪ませていくので、暴れる準備しておいてください。

papgetop

2019.11.09 TOUR #6 残すはファイナル  =TAKESHI=

TOUR #6、各地たくさん集まってくれてありがとう!
あっという間に各地は終わり、残すはファイナルの渋谷のみです。

今回のツアー、初日の名古屋が台風の影響で中止となってしまった事は残念でした。
名古屋での初日を楽しみにしていたんだけど、自然災害だから仕方ない。
名古屋のみんなには残念な思いをさせてしまったので、必ずリベンジに行くので待っててください。 

その鬱憤を晴らすかの様に、翌日の大阪からのツアーの盛り上がりは、すげー良い感じ。
さらに福岡、仙台、どこも熱く、みんなが良い顔見せてくれていて、最高なツアーです。
新曲達はライブを通してどんどん成長して出来上がっていくので、ライブを演る事が今とても楽しい。

#6の曲たち、まだまだ鳴らしたりないので、渋谷ではさらに最高を更新させます。
THE OIO DAY以来のO-EASTなので気合い入れて歪ませます。覚悟する様に。

それではみんな、TOUR#6 ファイナル渋谷O-EASTで会いましょう。


papgetop